きらめくお菓子。

エスパスキンゾー

きらめくお菓子。パート・ド・クルスティヤン。

パリンッと音を立てて薄はりの砂糖が割れたかと思うと、素材の力強さが一気にあふれ出す。

甘く、香り高く、きらきらと。

それもほんの束の間、あまりの衝撃に感動している間に、通り過ぎて行ってしまう。

あっという間に、手の届かないところに行ってしまう。

なんて儚い。なんて美しい。

コンフィズリーエスパスキンゾー

前進の「オ・グルニエ・ドール」の看板を見上げてから階段を上ると、そこにあるのはなんとも上質な空間。ひんやりなめらかなシャーベットがいただけます。

コンフィズリーエスパスキンゾー
京都水尾の柚子シャーベット コンフィチュールを添えて

シャーベットをいただいたのは暑い夏のこと。季節はめぐり、錦市場に活気が戻りつつあるこの日。それでも店内が込み合わないようにと、シェフ自ら外で整理券を配布されていました。

階段を上り店内の様子を見つつ、待っているお客様とお話をしつつ…。

店内のレジでは、続く接客の間に奥様が「試食をどうぞ」と声をかけてくださる。

もうね、本当に。いつもそのお人柄に胸が打たれるのです。

1ヶ月は日持ちするという砂糖菓子。大事に少しずつと思っていたけど…あぁやっぱり、もうひとつ食べてしまおうかな…。

ちなみに、パート・ド・クルスティヤン。お酒にもぴ…ったり、合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA