春風。

わたしは「言霊」を信じているので、総じてネガティブな言葉は残したくないのですが

今日は確かに、いらいら気持ちがとがった一日でした

先日、とっておきのお店のマスターと

「気持ちがすさんでいると、缶ビールとか、缶チューハイに手が行くんでよね」

という話をした。

どんなジャンルであっても、日本の食品業界の企業努力、商品のレベルは凄まじい。だから決して、それらを否定するわけではない、

しかし、現実逃避のために飲む酒は、中毒性を多分にはらんでいるのだ。

だからこそ、イライラ、不安、やりきれない、チクショーと思うときには、とっておきのお酒を出すように意識している。

「風の森 Alppha」ずっと気になっていたお酒。

グラスをぐるぐるっと回すと広がる、早熟バナナの香り。

たんぽぽ、ぺんぺん草、青草…

どこか、春の野花を思わせるような。

口づけると、まぁるい甘みをチリチリとした刺激が追いかける。

最後に舌の上に残るのは、心地よい苦み。

パステル色に染まる春は、まるで素敵な季節に捉えられるけど

本当は、苦しくて、せつなくて、苦く、やりきれないことも山ほどある。

でも、人は先へ進む。

風土を大切に作られた酒は、まさに季節を実感するのにぴったりだった。

さぁ、いきましょうね。

まだ季節は始まったばかりだけれど。

「風の森 秋津穂 657」(油長酒造/奈良)
kazenomori akituho657
奈良酒の伝統を引き継ぎながら、時代の一歩先を行く日本酒。
食用米であった秋津穂の魅力を最大限に活かし、日本酒の可能性を伝えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA